抗菌試験・日本薬局方関連試験のご紹介

抗菌剤・消毒剤・抗菌製品など様々な材料に対して抗菌性能の評価を行う試験を受託しています。 材料の特性により、実施する試験法や価格も変動しますので、まずはお問い合わせ下さい。

各種抗菌試験(殺菌効果試験)

試験方法 試験内容
殺菌効果試験
-詳細-
殺菌剤などが細菌や真菌を殺菌するのに必要な濃度や接触時間を調べる試験。
ハローテスト
(ディスク拡散法)
試験菌の菌液を均一に塗抹した寒天平板培地の表面に、抗菌剤を染み込ませたペーパー ディスクや材料を静置し、発育阻止帯の大きさを確認する試験。阻止円直径が広いほど抗菌剤の効力が優れていると判断され、半定量的な成績を簡易な方法で迅速に求めたい場合に適用。
フィルム密着法
(ラップ法)
材料上に菌液を接種し、フィルムで覆って菌液を表面に広げ、一定時間後の残存菌の濃度変化を調べる試験。
シェークフラスコ法
(シェーク法)
フラスコや滅菌コップ内で、材料全体を菌液に浸して振とうし、一定時間後の残存菌の濃度変化を調べる試験。
最小発育阻止濃度
(MIC)測定
-詳細-
試験菌の発育を阻止する抗菌剤の最小濃度を算出する試験。主として日本化学療法学会が定めた測定法に準拠した試験法が用いられる。(寒天平板希釈法や微量液体希釈法)
最小殺菌濃度
(MBC)測定
菌を各種濃度の薬剤と一定時間接触後に培養し、発育を認めない最小の濃度を算出する試験。
JISZ2801
(抗菌性試験)
-詳細-
抗菌加工製品における抗菌性試験方法による抗菌効果を評価する試験です。
日本工業規格(JISZ2801)に準じて実施しています。

詳細をクリック頂くことで、試験の詳細をご確認いただけます。